2019年6月14日 (金)

6/13 J-WAVE JAM THE WORLDに出演しました

J-WAVE JAM THE WORLDに出演させていただきました。本当に夢のような時間でした。

先日のNHK首都圏ネットワークをご覧いただいた放送作家のきたむらけんじさんからご連絡をいただき、実現したラジオ出演。
きたむらさんは知的障害のある方の雇用を積極的に進めている日本理化学工業株式会社の実話を基に『幸福な職場』という舞台を手がけていらっしゃる方で、以前から障害のある方を取り巻く環境やその背景に目を向けてこられており、今回きょうだいへの支援に関心を寄せて頂きました。改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

MCの堀 潤さんにも、心からこのテーマに寄り添っていただきました。きょうだいの存在、支援についてご存知ない方にもわかりやすく伝わるように具体的な切り口で優しく問いかけていただきました。きょうだい支援の理解啓発を!と早速ご自身のTwitterやInstagramにも載せて頂きました。本当にありがとうございます。

生放送、本当に本当に本当に緊張しましたが、プロのお力で無事終えることができてほっとしています。

みなさまに支えていただき、今があること、いつも以上に感じた機会となりました。

radikoからタイムフリー機能で1週間は聴くことが出来るそうです。
J-WAVE JAM THE WORLD
6月13日 20:20〜20:40 UP CLOSE

社会的なテーマとして取り上げてくださったことで本当に多くの方にきょうだいへの支援について知っていただくチャンスに繋がったことを実感しています。チャンスをくださったきたむら様、堀様、お聴きいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

きょうだい支援や本会活動へのお問い合わせは、shams(アットマークに変換)live.jpまでご連絡頂けたら幸いです。

Img_4756

 

| コメント (0)

2019年6月12日 (水)

6月13日(木)J-WAVE JAM THE WORLDに出演します

先日の「NHKおはよう日本」の番組を契機に、6月13日(木)20:20〜20:40(予定)J-WAVE JAM THE WORLD(木曜日のパーソナリティはジャーナリストの堀 潤氏)に出演させて頂くことになりました。

自身のきょうだいとしての経験、きょうだい会SHAMS、子どものきょうだい支援の必要性についてお話させて頂く予定です。

きょうだい支援の理解啓発に少しでも貢献できたらと思います。

お時間がございましたら是非お聴き頂けたら幸いです。

| コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

2019年6月活動報告

今日は12年目のきょうだい会SHAMS初回活動日で、子どものきょうだいさん9名、ボランティアさん10名にご参加いただきました。
ボランティアさん10名中7名が初めてのご参加で、宇都宮大学の先生方にお声がけいただいたり、先日のNHKの放映をご覧いただき活動に参加いただいた方も多く、本当にありがたいことでした。宇都宮大学の特別支援教育専攻の学生さんだけではなく、心理や美術を専攻されている学校教育専攻の学生さんや、獨協医大の先生、看護学部の学生の方、大人のきょうだいの方など様々な立場の方にご参加いただきました。

レクリエーションでは、ジャグリングやお絵描きリレーをしました。お絵描きリレーでは、「逆立ちをする猫」がいつの間にかねずみに変身していたり、寝そべっていたりして、盛り上がりました。
きょうだいワークでは、しぇいむずガチャポンなどを行い、話をするお題はきょうだいさんたちに考えてもらいました。「友達にきょうだいのことを話したことありますか?」「障害のあるきょうだいがいるといじめられると思ったことはありますか」という質問が出て、どのように対応したのか、そのときどのような気持ちがしたのかなど日頃の経験や思いを共有しました。「ここだから言える」という気持ちをずっと大切にしていきたいと思います。午後はカラオケに行き、思い思いに過ごしました。次回は8月です。
まだまだまだマイヤーさんに見守ってもらえている気持ちが続いていて、なんともいえないあたたかい気持ちで活動が出来たことも幸せでした。

Img_4679 Img_4678 Img_4677 Img_4578 

| コメント (0)

2019年4月20日 (土)

NPO法人しぶたねさん 病院内でのきょうだい支援活動がNHKにて放送

大阪で慢性疾患の子どものきょうだい支援を行っているきょうだい支援の大先輩、NPO法人しぶたねさんが連携されている大阪市立総合医療センター内でのきょうだい支援活動がNHK大阪放送局にて放送されました。

NHK大阪放送局 ええやん!”きょうだい”に光を

病院内できょうだい支援を行っている組織はまだまだ少なく大変貴重な映像となっています。是非ご覧ください。

また、参考までに病院内できょうだい支援活動を先駆的に行っている組織の情報を掲載致します。

<病院内できょうだい支援を行う支援組織>

NPO法人しぶたね さん

大阪市立総合医療センター わくわくひろば(きょうだい支援室) さん

NPO法人こどものちから(国立がんセンター中央病院 小児待合室) さん

聖路加国際病院 小児病棟 きょうだいレンジャー さん

名古屋大学医学部附属病院 小児がん治療センター さん

| コメント (0)

NHK NEWS WEBに掲載されました

今年から4月10日がきょうだいの日に制定されたことを受け、4月10日(水)NHKとちぎ640、4月11日(木)NHK首都圏ネットワークにおいて、本会活動について放送して頂きました。

その放送内容が、NHK NEWS WEB でも公開されました。

今回の放送では、本会にご参加いただいている多くのきょうだいさんたちにご協力いただき、ほとんどの皆様が顔を映すことにご了承いただき、会の雰囲気を伝えることが出来ました。また、小学1年生から本会活動に参加してくださっている高校3年生のきょうだいさんにもインタビューにご協力いただきました。改めてご協力いただいたきょうだいさんたち、ご家族の皆様方に御礼申し上げます。

さらに、とちぎ640、首都圏ネットワークでの放送に続いて来週か再来週の水曜日に「NHKおはよう日本」でも放送されることが決まったそうです。また、今回取材をしていただいたNHK宇都宮放送局の石川記者が、4月26日(金)19:40〜のNHKラジオにてきょうだい児のお話をされることになったそうです。

きょうだい支援の理解、啓発にご尽力を頂いているNHK宇都宮放送局石川様や関係者の皆様、みなさまのご理解、ご協力のおかげできょうだい支援の理解が広まっていることを実感しております。お時間がございましたら是非ご覧いただけたら幸いです。

| コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

2019年4月9日(火)下野新聞に掲載頂きました

4月9日(火)下野新聞 社会3面に本会活動に関する記事を掲載いただきました。

190409

インターネットでも閲覧可能です。

 

4月10日「きょうだいの日」制定 障害ある子の兄弟姉妹支援を 悩み共有、栃木県内でも活動

https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/155783

 

是非ご覧ください。取材いただいた下野新聞社田中記者様、そして本会活動にご参加いただいているきょうだい、ご家族、ボランティアの皆様、きょうだい支援に係る理解啓発にお力添えを頂き、本当にありがとうございました。

| コメント (0)

2019年3月30日 (土)

2019年3月活動

今日は2018年度最後のきょうだい会SHAMS活動日でした。
最初にドナルドマイヤーさんへのメッセージや似顔絵を渡したときのことを報告しました。マイヤーさんがとっても喜んでくださっていたことを伝え、マイヤーさんがきょうだいさんたちに書いてくれたメッセージを見せるとみんな大喜びでした。シブショップのことや世界中にきょうだいがいるということをお話できたこともとても貴重でした。

Image1 Image4

それから、きょうだいワークとして他己紹介シートやガチャガチャボールを使って"きょうだいあるある"を共有しました。
きょうだいのことで自慢できることとしては、記憶力の良さが頻繁に出ていました。きょうだいに腹が立ったことというところでは大事にしていた食べものを勝手に食べられてしまったり、宿題をぐちゃぐちゃにされたり…色々なところで"あるある!"うなづきと歓声が上がりました。そして恥ずかしいと怒りはつながっているよね、という鋭い投げかけをしてくれたきょうだいさんもいました。

今日は、SHAMSに参加してくれていたきょうだいさんが高校を卒業して、ボランティアさんとして新たに加わってくださったのですが、特に特大三角鬼ごっこでは鬼役として大活躍!本当に幸せな時間でした。

午後はボーリング場に移動!ボーリングでは思い思いに楽しみました。いつも大ベテランのボランティアさんがこの日のために景品を用意してくださっていて、今日も子どもたちのために、こんなにも…いつも感謝しきれないのです。

Image2 Image3

今日の活動では度々2週間前のことを思い出し、なんだかマイヤーさんに見守ってもらえているような、そんな気持ちがしました。

今年度も多くの方に支えていただき無事に終えることが出来ました。年齢に関係なく、きょうだいさんたちが自分なりの目的を持ってSHAMSにいらしていただけていることを実感した1年だったように思います。
12月から取材を継続して下さっていたNHKさんの取材も無事に終わりました。また、今回は下野新聞さんにも取材にお越しいただきました。4/10きょうだいの日(http://sibtane.com/siblingsday)前後の放送、掲載を予定して頂いています。取材を通して気づかせて頂いたことが本当に多くありました。またお知らせをさせて頂きたいと思います。

次回は6月2日(日)を予定しています。12年目のSHAMSもよろしくお願い致します。

 

| コメント (0)

2019年3月22日 (金)

3/21 Donald Meyer氏 大阪講演、 Japan Tourを終えて

昨日大阪講演を終え、Donald Meyer氏のJapan Tourが終了しました。

主催に携わらせていただいた立場でありながらも、この1週間のDonald Meyer氏の講演により、どれだけのきょうだいが勇気付けられ、ご家族が励まされ、きょうだい支援に取り組まれている支援者の方たちが背中を押されたことかと感じています。

大阪講演はJapan Tourの集大成と言える、本当に素晴らしい時間でした。

P3214384

長くなりますが…

今回のDonald Meyer氏 Japan Tourは、NPO法人しぶたねさん(http://sibtane.com)が2017年に第11回よみうり子育て応援団大賞(182団体中1位)を獲得された賞金によって開催することが出来ました。

Meyer氏を招聘出来ることが決まったときから、

Sibshopsを日本に紹介し、日本でSibshopsを広めてこられた日本のきょうだい支援の母、きょうだい支援を広める会(http://siblingjapan.org)代表の有馬靖子さん、大先輩であるしぶたね(清田悠代さん、シブレッド)とともに、招聘事業に携わらせていただくことになりました。そして、SeattleでともにSibshops Facilitator Trainingを受講した、認定NPO法人アフタースクールぱるけ(http://paruke.com)代表理事の谷津尚美さん、北里大学の古屋悦世さん。同世代で若い世代のきょうだい支援をリードし続けてこられた京都きょうだい会/シブコト(https://sibkoto.org)/金沢大学の松本理沙さん。国立がんセンター中央病院にてきょうだい支援を先駆的に続けてこられたNPO法人こどものちから(http://kodomono-chikara.org)代表の井上るみ子さん。そして3都市講演全てにおいてボランティアとして2001年のMeyer氏初来日講演以来、深いきょうだい支援の理解を持って素晴らしい通訳を担っていただいた金子久子さんとともに準備を進めて参りました。

今回、次世代にバトンを渡していただいた有馬靖子さんの思いに応えること、しぶたねさんへの感謝の思いを伝えること、そしてSibshopsを創設され、私の自己肯定感を高めてくださった人生の恩人であるDonald Meyer氏への深い感謝の気持ちを持ち続けながら過ごしました。

東京2日目のデモンストレーションシブショップはDonald Meyer氏が単独でトレーニングをする最後の機会でした。このような貴重な機会でありましたが、有馬靖子さんは信じて任せて下さいました。

本当に畏れ多かったのですが、Donald Meyer氏のサブを務めさせていただくという夢のような機会、きょうだい会SHAMSを続けてこられたことへの感謝を持ちながら本当に多くのことを学ばせていただきました。

「こんなにもみなさまがきょうだいに思いを馳せてくださり、皆がきょうだいのためにひとつになった感覚を味わったことはない。これまでとは明らかに違うものを感じている」

20年以上に渡り、この分野の第一線を担い続けてくださったYasuko Arimaさんはこの感覚を昨日の大阪講演の閉会の言葉で述べてくださいました。

P3214402

私たちはしっかりとそのバトンを引き継ぎ、今度は自分たちが次世代に繋げていく役割を果たす番なのだと、昨日の大阪講演で確かに感じました。

私は自分自身の経験からもきょうだい支援は決して特別なものではないと考えています。

それぞれの立場できょうだいに心を配り、出来ることがあると思うのです。

NPO法人しぶたねの清田悠代理事長がいつもお話されている、お茶をそっと入れるような存在、Donald Meyer氏が講演で例に出されていた、50代になった大人のきょうだいが、幼い頃に支援者の方からクッキーをもらい、声をかけてくれたことを今も覚えていて忘れられず救われているといった事例のように、きょうだいが孤独にならず、子どもらしく、自分らしくいられるように「あなたは1人じゃない」「大切でかけがえのない存在」そんなメッセージを私はこれからもSibshopsという方法で伝え続けていきたいと思います。

本事業に携わっていただいた全てのみなさま、ご参加いただいたみなさまに深く深く感謝いたします。また、Sibshopsファシリテータートレーニングにご参加いただいたみなさまも本当にありがとうございました。何かお手伝いできることがありましたらいつでもご連絡をいただけたら幸いです。

3/30にあるきょうだい会SHAMSの活動が大変楽しみです。

| コメント (0)

2019年3月19日 (火)

3/19 Donald Meyer氏 仙台講演

本日も本当に素晴らしい一日でした。

本当に本当に夢のような一日でした。

今日はDon Meyer氏の仙台講演でした。

主催は認定NPO法人アフタースクールぱるけさん。

代表理事の谷津尚美さんとは、内閣府のコアリーダー育成プログラム事業(NZ)で出会い、それから12年来ずっとお世話になっていて、お互いのきょうだい会活動を行き来するほどです。

ぱるけさんは、事業者としてきょうだい支援を長年実践されてきた先駆者です。ぱるけさんのように事業としてきょうだい支援に取り組まれている事業者は日本ではまだまだ少ないのが現状です。

今日はお昼にMeyerさんとともにぱるけさんの事業所に伺い、放課後等デイサービスの利用者の方達や、ぱるけさんが提供されているきょうだい支援『あみーご』http://paruke.com/amigo/ のきょうだいさんたちやスタッフの方たちによるMeyerさんWelcome partyが開かれました。東京で行われたシブショップ(3/17)にも仙台から2名のきょうだいさんに参加頂いていたのですが、ふたたびお会いでき、本当に嬉しい再会でした!

わたしも一緒に仙台のローカルフードのおもてなしや手作りのサンキュカードまでいただき、本当に胸がいっぱいです。

2fdd62a559994f45b417cefc1e60dfdd 1f340e5ac62244069e9401f17e612512

Don Meyerさんは子どもたちのことが心から大好きで、子どもたちに会えたことも本当に喜ばれていましたし、このような心のこもった素晴らしいおもてなしや歓迎に深く感動されていらっしゃいました。

講演会も東京に引き続き、平日の夜にもかかわらず200名近い参加者の方が集まられていて、参加者の皆さまのうなづきやメモを必死にとられる姿、じっとMeyerさんを見つめる姿が本当に印象的でした。

7ecbe4eb28c74458b8e255f760337c30 2cf1dc89cfc34b5288a5d4c3ae61aecd

事業者として先駆的にきょうだい支援を続けてこられた認定NPO法人アフタースクールぱるけさん。

これから東北地域でのきょうだい支援ネットワーク構築を目指されていらっしゃいます。NPO法人しぶたねさんとのコラボワークショップも6月に予定されています。これからのぱるけさんのご活躍、ますます目が離せません。

本当にこころが満たされる、素晴らしい1日をありがとうございました!

つぎはいよいよ大阪!!

| コメント (0)

2019年3月18日 (月)

3/16,17 Donald Meyer氏東京講演、ファシリテータートレーニング

20190314-16-20-41 4370877c54a64b5eb8ca2397f71f02f1 04bc9db6a5ab4e9da3c23c14223b4da7

「病気や障がいのある子どものきょうだい支援Don Meyer氏講演会(東京)・sibshopsファシリテータートレーニング」が無事終了いたしました。

3月16日(土)の講演には北海道から長崎まで200名近くの方にお集まりいただきました。16日(土)・17日(日)2日間連続で開催したsibshopsファシリテータートレーニングには、全国からsibshopsを立ち上げたい、子どものきょうだいのためにアクションを起こしたいと明確なビジョンと熱意を持って29名のトレーニング受講生の方にご参加いただきました。あらためてご参加いただいたみなさま、この2日間に携わっていただいたスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

Don Meyerさんの言葉、行動から受講されたみなさまがインスパイアされていくのを肌で感じて、みなさまがそれぞれにきょうだいたちを思い、明確な目的を持っていらしていただいているのだと、心から感動した2日間でした。全国で新しく12カ所のsibshopsが誕生することになり、本当に幸せな気持ちです。

また、デモンストレーションシブショップには仙台・栃木・群馬・東京・神奈川から11名の子どもきょうだいさんが参加してくださいました。子どものきょうだいさんたちの変化を実感し、マイヤーさんがきょうだいたちに「一人じゃないよ」「みんながあなたのことをかけがえなく、大切に思っているんだよ」とsibshopsを通じて思いや願いを届け続けてくださったこと、sibshopsの素晴らしさを心の底から感じました。運営しているきょうだい会SHAMSのメンバーにも参加してもらえて、子どもたちと一緒にマイヤーさんに「sibshopsを作ってくれてありがとう!」と感謝の気持ちを伝えることが出来たことも一生の思い出です。

5fa67d6fd0d446d39c9da0737d4992c5 736a9dff2e9744c2822a0a23dae10cd8

いよいよ明日は仙台講演です!

仙台講演主催団体の認定NPO法人アフタースクールぱるけさんは10年以上にわたり、事業の一環としてきょうだい支援に取り組まれてきた大先輩です!

明日19日(火)は仙台講演、21日(木)は大阪講演が続きます。引き続きみなさまにお会い出来ることを楽しみにしております!!

| コメント (0)

«2018年12月活動報告